初めての方は、こちらをご覧ください。

2000年01月01日

会の概要

●「新ひきこもりについて考える会」とは何ですか?
 「ひきこもり」という問題に関心を持つ人たちが定期的に集って話し合う会です。いまのところ1ヶ月半に1回の割合で、都内で会合を持っています。
 この会の前身である「ひきこもりについて考える会」(99年8月〜03年9月まで活動)に参加していたメンバーの何人かが集まって、旧・「考える会」の閉会後も同じような趣旨の「場」をぜひ続けていきたいという想いで新しく立ち上げたのが、この会のはじまりです。

●この会の特徴は何ですか?
おおまかにいうと、だいたいこの3つでしょうか。
 
1. 毎回テーマを設けてそれに沿ったかたちで話しあう
2. 当事者・親・その他援助者などの異なる立場の人たちが、同じ場を共有して話しあえる
3. なるべくお金がかからないようにする

 なかでもいちばんの特徴は、当事者・親・援助者などの異なる立場にある人たちが同じ場に集まって話ができるという点にあると思います。
 「ひきこもり」という現象が世間に認知されるようになって以降、当事者どうし・親どうし、あるいは援助者や専門家どうしなどの、それぞれの立場ごとの集まりはいくつも生まれました。
 しかし、この三者がお互いの立場を越えてじかに話しあう機会というのは、「ひきこもり」という現象が広く知られるようになった現在においてもそれほど多くはありません。
 もちろんそれぞれの立場ごとの集まりにも大きな意義があることはたしかですが、違う立場に属する人たちがお互いの気持ちや考えを交換していくことで、また新たに見えてくるものもあるのではないかと思います。
 またそのことで、ある立場からの視点に限定された偏った考えに傾くのを防ぎ、「ひきこもり」というものに対してのより深い理解に繋がるのではないかと期待しています。

●誰が参加できますか?
 ご本人、経験者、ご家族、親御さん、きょうだい、援助職、ボランティア、学生、関心のあるの市民など、ひきこもりに関心を持つ方ならどのような立場の方でも歓迎です。

●参加費は?
 会場は無料で借りていますので、会合への参加費も無料となっています。ただし、会場が変更になった場合は、会場代として若干の参加費を集めさせていただく可能性もあります。

●親睦会について
 会合のあとで自由参加の親睦会(飲み会もしくはファミレスなど)を開いています。飲み会の場合、費用は、ひとり2000円程度です。

●会合に参加できなかったのですが……
 特に問題はありません。参加希望を出したからといって必ず参加しなければいけないというものではまったくないので、各自の体調と調子を見ながら参加してください。一度参加希望のメールを出された方は、以後の連絡は必要ありません。直接会合場所に来ていただいて結構です。

●運営形態
 「新ひきこもりについて考える会」は参加者の有志のメンバーによって維持・運営されています。詳しくは「世話人の紹介」をご覧ください(現在工事中)。

●連絡方法について
 通信費をなるべく安くあげるため、会のお知らせ等についての連絡は基本的にこのホームページおよびEメールにて行っています。
 また、ネット環境にない方には郵送での連絡もしていますので、希望者はいちどご相談ください。(ただし郵送代は各自の実費となります)

その他わからないことがございましたら、メールにてお問い合わせください(h-kangaerukai01@freeml.com )。
posted by 運営メンバー at 00:00| 新ひきこもりについて考える会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする